06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : ご飯の友

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.19 *Sun*

木の芽味噌

 
先日、夫とドライブに行ったときに、道の駅にも寄ったんです。

野菜や果物の他に、木の芽を見つけて迷わずに購入しました。

お値段、なんと50円!!

農家のお家の庭先の、山椒の木から摘んでパック詰めした感じです(^ ^)

量ってみたら10gありました。

これで木の芽味噌を作ってみました。


<分量の目安>

木の芽10g・味噌150g・きび砂糖大さじ2・味醂大さじ2・すり胡麻大さじ2


木の芽は、洗ってかたい部分を取り除き、すり鉢ですっておきます。

木の芽

お鍋か小さいフライパンに、すり胡麻以外を入れて、強めの弱火で練ります。

味噌にツヤが出たら火を止めて、すり胡麻とすっておいた木の芽を混ぜます。

はい!もう完成です笑顔

木の芽味噌

簡単だけど、香りが良くて、美味しいんですよ

白いご飯や、コンニャクなどの煮物によく合います。

おむすびに…
蒟蒻の煮物

もっと、木の芽の香りを楽しみたい方は、お味噌を100gで作ると良いと思います。

使ったのは甘めの麦味噌なので、お味噌によっては甘みを足してくださいね。


そうそう!

山椒には棘があります。

忘れていて、無造作にパックに手を入れてしまって、叫んでしまいました(^ ^;

スーパーの木の芽は、大丈夫だと思いますが、気をつけてくださいね!

とても鋭いです!!

痛かった・・・(笑)

棘に注意!
スポンサーサイト
category : ご飯の友

2009.03.07 *Sat*

ちりめん山椒

 
皆さんそれぞれにお気に入りのご飯の友を持ってらっしゃると思いますが、

私の一番は「ちりめん山椒」です。

家で簡単に出来るんです(^ ^)

好みの味に出来るので、きれいな「ちりめんじゃこ」を見かけたら作ってみませんか?

   ◆上乾ちりめん…100g
   ◆醤油…大匙2~3杯
   ◆みりん・酒…各々醤油の半量
   ◆粉山椒…適量   (調味料は目安です。お好みの味付けでどうぞ)

まず、お湯を沸かします。

ちりめんじゃこを鍋かボウルに入れておき、上から熱湯をたっぷり注ぎます。

塩分や埃を取り除く作業です。軽く混ぜて、ザルにあげます。


底が厚めの鍋か小さめのフライパンに、ちりめんじゃこと調味料を全部入れます。

弱めの中火にかけ、ヘラなどを使って炒りつけていきます。

調味料を吸って、ちりめんじゃこに光沢が出たら火を止めます。


粉山椒は、粗熱が取れてから混ぜると、香りが飛びにくいです

炒りつける時間は5分ほどです。あっという間に完成します。

ちりめん山椒

あつあつご飯は勿論、おにぎりの具にも美味しいです笑顔


私は、山椒の実を見かけた時に佃煮にしておいて冷凍しています。

フリーザーにある時は、これを使って作っています。

山椒の佃煮

香りと味が強烈なので、

入れすぎると食べたときに口の中がスースー、ピリピリします(笑)

この刺激が好きなんですけどね!
category : ご飯の友

2009.02.27 *Fri*

黄身明太子

 
私が、会社勤めをしていたときの上司で、

「僕、九州長かったんだよ」と、仰る方がおられました。

自分の親より一周り年上のその方は、

京大出身で、二十歳くらいのときに海軍にいらしたとか。

身長は180cmあって堂々とされていて、若い頃かなりもてたらしいです。

「幼稚園児の孫とファミコンで遊んでるんだ」と、素敵なおじい様でもありました。


その方が、

「辛子明太子をね、卵の黄身で和えて、醤油をちょっと垂らしてね、

葱を添えると肴にいいんだ。お酒が進む。美味しいよ!」

と、教えてくださいました。

そのとき私は

「美味しそう~~~~!!!! 目 ご飯に載せて食べたい!!!」

と、猛烈に思いました。(私はお酒が殆ど飲めないんです汗


で、会社の帰りにスーパーに寄って、

辛子明太子を買って帰り、早速作ったのでした。

まだ生きていた、味にうるさかった父も喜んでいたっけ。


卵黄1個につき、明太子(大きめなら)1/2腹くらいを混ぜ、

香り付け程度のお醤油を垂らし、青葱を添えます。


飲む方は、肴に。

茹でたジャガイモにも相性良いかと思います。


わが家では、【ご飯の友】で(^ ^)

黄身明太丼

「黄身明太丼」って、勝手に命名します笑顔

これを教えていただいた頃は、九州に住むって思ってもなかったです。


そういえば私は、明太子=辛子明太子と思っていたのですが、

こっちに来て、「明太子」という表記のものを購入したら、「たらこ」でした。

その後も何度も、辛子明太子を買いたかったのに、

間違えて明太子(塩漬けたらこ)を買ってしまう私でした。
category : ご飯の友

2009.02.11 *Wed*

春の味:ふきのとう

 
「ふきのとう」を見つけたので買って来ました。

ぷっくりして可愛い形です。

いつもは天ぷらにするのですが、今回は「ふきのとう味噌」を作ってみました。

初挑戦です(^ ^)

まず、「ふきのとう」を良く洗います。結構汚れています。

ふきのとう

かたい皮をはいで、2分ほど茹でました。

蕗のいい香り・・・!!!私、蕗が大好きなんですよく母が炊いてくれました。

水にとって冷まし、刻みます。

小さなフライパンに胡麻油を熱し、炒めます。

油が回ったら砂糖、蜂蜜、みりん、味噌を入れて光沢が出るまで練ります。

火は中火と弱火の間くらいでしょうか…。

出来上がりました(^^) 「ふきのとう味噌」です。

ふきのとう味噌

白いご飯に最高です!! くだんの「魚沼産こしひかり」です(笑)

ご飯のためにこれを作りました(^ ^)

蕗の香りのあとに、わずかにほろ苦さが追いかけてきます。

ご飯がいくらあっても足りません!!!


それと、もう一品。 「菜の花漬け」を作りました。

産直コーナーで見つけた菜の花。ちょっと伸びすぎ…?

でも、切り口を良く見ると「手折り」してあります。これは、やわらかい証拠。

早速、購入しました。140gくらい入っていて100円でした。

普通に買うと、300~400円しますよね。


水を張ったボウルにしばらく入れておいて、パリっとさせます。

水を捨て、熱湯をたっぷり注ぎます。

鮮やかな緑になったら、水にとって冷まし、絞ります。

ビニール袋に、絞ったままの姿の菜の花を入れ、「白だし」を大匙1杯加えます。

なじませるようにして、空気を抜き、口を絞って冷蔵庫へ。

お昼にしておけば、晩御飯に間に合います(^^)


絞って、切って食卓へ。

鮮烈な香りの、食感の良いお漬物になりました!

菜の花漬け

みんな、他のおかずに手が伸びません。

この二品でご飯をおかわり!!です(笑)

(栄養バランスのため、他のおかずも食べましたけど
category : ご飯の友

2008.12.16 *Tue*

サラダからし菜

「サラダからし菜」というお野菜で、お漬物を作ってみました。

ピリリと辛くて、ごはんが進むお漬物になりましたよ(^ ^)

お漬物

作り方は、サラダからし菜をよく洗い、みじん切りにしてポリ袋に入れます。

調味料は2株分くらいで、塩を小匙 4分の1ほど、粉末スティックの昆布だしを4分の1、

塩昆布一つまみくらいです。(アバウトですね~

一緒に袋に入れてモミモミして馴染ませ、30分後くらいから食べられます。

塩気が足りなかったら、塩昆布を追加すれば良いと思います。


実は、このサラダからし菜なるものを購入したのは、偶然…というか、

そそっかしい私は、スーパーの産直コーナーで、「水菜」と間違って買ったんです汗 

《ちょっと、かたいな…》とか思いながら、何の疑いもなかったんです。

産直コーナーのお野菜って、新鮮だけど大きさがバラバラだったりしますしね!
  ↑
(言い訳)

サラダにして、食卓に出したら・・・辛かった!!!!

この時も「この水菜から~い」って、言っていたアホな私です(笑)

(私は、いつもサラダから頂くので、被害は家族に及びませんでした。)

「それ、水菜じゃないでしょ?」と夫。

「えっ!?」と私。

冷蔵庫へダッシュして表示を見る私。「サラダからし菜って書いてある~~~!!!目

「…知らないで買ったの?

一緒に買い物に来ていた夫は、私がカゴに入れた時から知っていたんですって。

・・・・・・・主婦暦長いのに、こういう間違いをするもんです。


でも、似てるんですよ!ほらっ!←言い張る(笑)

サラダからし菜

葉の柔らかい部分は、お肉をくるんで食べたら、いけましたよ(^ ^)

サンドイッチに少量使うと、いいかもです。

さっと茹でて胡麻和えにしたら、悪くはないんですが、せっかくの風味が飛んでしまいました。

お漬物が最良の食べ方ではないかと思います。


もし、水菜と間違えてご購入した際はお試しくださいね(そんな人いない…?)

今度はご指名で買って、またお漬物にします(^ ^)/
category : ご飯の友

プロフィール

saku.y@

Author:saku.y@
*ご訪問ありがとうございます*
日々の暮らしの中で作ったものなどをご紹介している生活雑記ブログです。 お気軽にコメントくださいね。
*お願い*
画像の無断転載などはご遠慮くださいね。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Copyright © saku.y@の*ゆるゆる*ものづくり日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。