08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : 野菜のおかず

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.22 *Wed*

ロッサビアンカのチーズ焼き *

先日訪れた物産館で、珍しいお茄子を見かけました。

20130522-02.jpg

店頭のポップには「オリーブオイルと相性が良く、チーズ焼きに最適」

「イタリア料理店で使われています」と書いてありました。

他にも、薄緑のなが~いのや、普段目にしない茄子が数種類ありましたが、

このロッソビアンカという名前のコロンとしたお茄子を購入しました。


長さ12cmほどのこのお茄子、紫に白いストライブが走っていてとても可愛い。

ヘタには注意ですね。チクチク痛いです(笑)

1.5cm厚さに切って塩水に晒し、たっぷりのオリーブオイルで焼き、

塩をふりかけチーズを載せて蒸し焼き。

ひっくり返してチーズ面にも焼き色をつけました。

20130522-01.jpg

肉厚で柔らかく、でも、ほんの少し独特の苦味を感じました。

チーズより、甘めのお味噌が合うかな?と思いました。

そこで娘の一言。

「チーズとお味噌、両方載せたら最強じゃない!?」

ホントだ!

それは絶対に美味しいね(^‐^)

今度めぐり会ったら、味噌&チーズ焼きにしようと思います。
スポンサーサイト
category : 野菜のおかず

2012.04.16 *Mon*

巨大タケノコ

 
タケノコをいただきました。

これが尋常じゃないほど大きい。二本でなんと5kg超!重い…。

巨大たけのこ

一緒に写っている包丁は、全長31cm。タケノコは40cm越えです。


せっかくいただいたもの。無駄にはできません。大好きだし。

でも、うちで一番大きなお鍋でも、1本ですら入らない。糠もない

でも早く茹でてあげないと、えぐくなってしまうし。

なので、嫁いで着た頃に親戚のおばちゃんたちが教えてくれたやり方で茹でてみました。


荒業なのですが、皮を剥いて茹でるやり方。

皮をすっかり剥いて、切ります。

糠の代わりに小麦粉を使います。タカのツメも入れます。

落し蓋をして、水からグツグツ。

40分ほど茹でて、そのまま冷まします。


小麦粉を洗い流し、お水に放ちます。下処理終わり!

処理済たけのこ

大きいのに生でも比較的簡単に切れたタケノコ。きっと掘りたてだったのでしょう。


根元の部分は千切りにして冷凍しました。炒め物などに使います。

ヒメカワは甘く煮て卵とじにしようと思います。


細かく切って、お出汁をきかせ、薄口醤油で煮たものは、たけのこご飯に。

たけのこごはん

残りは、たけのこご飯の素として汁ままフリーザーバッグで冷凍に。


濃い口醤油と砂糖、みりんで甘じょっぱく煮たものは、かつお節をからませました。

さっと茹でた豚肉と煮からめたら、ご飯が進むお惣菜に。

たけのこ甘辛煮

残りはおかずの素として、同じように冷凍しました。


下処理・調理を終えて「失敗した!」と思ったのは、「若竹煮」を作り損ねちゃったこと(笑)

好きなのに~~~うっかりうっかりです。


夫の実家では、庭でたけのこが掘れるんです。

義母やおばちゃんたちは大量のタケノコを皮ままなんて茹でていませんでした。

新鮮さがなせるワザなのでしょうが、このタケノコもこの方法で茹でて、

えぐみはほとんどありませんでした。


冷凍すると食感は多少変わりますが、味が染みておいしくなるんです。

調理してから冷凍するのは、私のやり方です。

義母たちは、水煮を水分を切って冷凍し、お煮しめなどに使っています。


しかし、迫力ありました

剥いた皮の量がハンパなかったです。
category : 野菜のおかず

2012.02.06 *Mon*

菜の花 *


菜の花大好き!

シーズンの一番初めは、おひたしでいただきます。

菜の花

色よく仕上げるために多目の塩でゆでて水に取ります。

粗熱が取れたら水気を絞って、白だしに浸す簡単レシピ。

白だしはしょっぱくならないように少なめに。

少し置いて、水気を軽くペーパーで取ります。


「ん~~~~~

春の味です^^しあわせ!


今日は、雨でしたが暖かい日でした。

数日前は、氷点下6.7℃まで下がってとても寒い日が続いていたのですが、

春の足音を聞いた気分です。
category : 野菜のおかず

2011.07.17 *Sun*

かぼちゃの塩煮 *バター風味


毎日暑いですね。

早くも夏バテの気配で、胃腸の調子もなんとなくすぐれなかったのですが、

最近また美味しく食べられるようになって嬉しいです。


今日は、わが家のお惣菜、かぼちゃの煮つけをご紹介します。

タイトルに「塩煮」とありますが、お砂糖も使っています^^

お醤油を使わないので、塩煮としました。

かぼちゃの塩煮バター風味

かぼちゃは、一口大に切ってお鍋に入れ、お砂糖をまぶしておきます。

かぼちゃの水分やお味にもよりますが、1/2玉使うなら大さじ3~4杯くらいかな。

しっかり甘さが感じられる味付けにします。

しばらく置くと水分が出ますので、お水を100~150ccほど足して火にかけます。

昆布の顆粒だしも入れて、蓋をして弱めの中火で4~5分くらいぐつぐつ煮ます。

塩を加えます。

だいたい小さじ半分くらいかな?味付けはお好みで。

味見をして、塩&砂糖で味を整えます。


煮えたら、火を止めてバターを10gほど入れて絡めます。

食卓に出すまで蓋をしてちょっと置いておくと、より美味しくなります。


かぼちゃは、栄養豊富ですすんで食べたいお野菜ですよね。

定番のお醤油の煮ものも美味しいし、お味噌汁も大好き!

わが家では、たまにこの塩煮を出すと、

「スイーツみたい!」

と喜んでくれて、なかなか評判がいいんです(^-^)

お砂糖はきび砂糖を使っているため、ちょっと色がついちゃいますが、

上白糖よりコクが出て、美味しく仕上がります。
category : 野菜のおかず

2010.10.27 *Wed*

謎(?)の野菜

  
珍しいものを見かけたら手を出さずにいられない夫が、

久しぶりに買ってきた謎の野菜・・・

ヘチオク

ヘチオクというそうです。

先週末、鹿児島にてゲットしてきました。

見たことも聞いたこともありません。

夫曰く、「ヘチマ×オクラで生食もできるらしい」

あくまで「らしい」なので(笑)ネットで調べてみました。

「十角糸瓜」(トカドヘチマ)というそうで、

東南アジアでは野菜として栽培されていることがわかりました。

数えてみると、本当に角が10あります^^

断面

厚めに皮を剥いて(皮はずいぶん硬いです)、塩炒めが美味しいらしいので、

豚肉と炒めることにしました。

スライスしておいておくと、少し「ぬるみ」がでますねぇ…

豚肉を塩、胡椒でいためてヘチオクを加えます。

火が入ったら、少量のお湯で溶いた鶏がらスープに塩を加えてざっと回しかけて…

はい!完成!

塩炒め

火を入れると、ずいぶんかさが減ります。

淡いですが独特の香りがあります。なんて表現すればいいんだろう???

そして、ほんの少しですが苦味も感じました。

夫の口にはあったようで「結構おいしい!」って言っていました。

このヘチオクの他に、おいしい「さつま揚げ」も買って来てくれました。

練り物大好きなので、私はさつま揚げの方が嬉しかったです。



手のケガですが、いま分厚いかさぶたができています。

傷口を濡らしたくないので、調理中はビニールを手にかぶせてしていますが、

もうずいぶん、色んな事ができるようになりました(^-^)

全回復まであと一歩というところです。
category : 野菜のおかず

プロフィール

saku.y@

Author:saku.y@
*ご訪問ありがとうございます*
日々の暮らしの中で作ったものなどをご紹介している生活雑記ブログです。 お気軽にコメントくださいね。
*お願い*
画像の無断転載などはご遠慮くださいね。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Copyright © saku.y@の*ゆるゆる*ものづくり日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。