03
1
3
5
6
7
9
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
25
26
28
29
31
<< >>

This Archive : 2010年03月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.30 *Tue*

お食事ケーキ

 
ここのところ、ちょっとお疲れ気味な私。

今日は娘の誕生日なのですが、

簡単な料理でカンベンしてもらうことにしました。

買い物に出るのも億劫で、毎年作ってきたいちご大福もお休みです。

せめても…と、ちょっと気になっていたケーキを作ることにしました。

塩味のケーキです。

ケーク・サレと呼ばれる、フランスの惣菜ケーキです。

ケーク-サレ

<分量と作り方>(パウンド1台分)
*生地
①大き目のボウルに、卵黄2個、マヨネーズ30g、ガーリック少々、
 牛乳50gを混ぜておきます。
②薄力粉100gにベーキングパウダー小さじ1と1/2をふるっておきます。
 塩4つまみも混ぜておきます。
③①に②を加え、ゴムベラで切るように混ぜます。
④卵白2個を泡立てておき、2回に分けて③に混ぜます。
 できるだけ練らないように混ぜてくださいね。
*具の準備
茹でたほうれん草(1/3束)、玉ねぎ(1/2個)、ベーコン2枚、ウインナー2本を
それぞれ1cmほどに切り、軽く塩胡椒しバターで炒めて冷ましておきます。
スライスチーズ(とろけるタイプ)3枚は半分に切っておきます。
*仕上げ
①パウンド型に薄くオリーブオイルを塗り、
生地→チーズ→具→生地→チーズ→具→生地→チーズ
の順に入れ、型を5cmほどの高さから2~3回落として空気を抜きます。
予熱あり、180℃のオーブンで40分焼きます。
粗熱が取れてから、型から抜きます。


ケーク-サレ2

冷蔵庫にある、ありあわせで作っちゃいましたが、

甘いケーキを好まない娘に大好評でした!

チーズが香ばしくって、美味しかったです♪

まさに食事用のケーキです。

焼いている最中、それはそれは「いいにおい」がしていました。

色んな具で楽しめるし、親しい方へのお土産にも喜ばれそう

本当は、グリュイエールチーズなどで作るようなのですが、

スライスチーズでも十分美味しかったです

パウンド型に入れていく作業ですが、最後に生地が足りなめになってしまったら、

型の周囲だけに入れると良いです。

頭を出してしまった「具」は、チーズで蓋をしてしまえば全然差し支えありません。

下拵えだけすれば、オーブン任せなので簡単でした(^-^)

違う具で、また作ってみたいと思います。
スポンサーサイト
category : パン

2010.03.27 *Sat*

おからクッキー(紅茶)

 
毎日、なるべく大豆製品を食べるようにしています。

お揚げさんやお豆腐ですね(^-^)時には納豆も。

おからも大好きで、定番はサラダなのですが、クッキーもたまに作ります。

今日は、紅茶のおからクッキーをご紹介します。

おからクッキー

<材料と作り方>(天板1枚分)

おから100gは、電子レンジで2分加熱し、水分を飛ばし、冷ましておきます。
バター30gをやわらかく練り、きび砂糖40gを加えて、すり合わせておきます。
はちみつ10gも加え混ぜます。(ボウルごとスケールにのせて量ると良いです)
小麦粉60gとおからを加え、切るように混ぜます。
ティーバック2つ分ほどの紅茶の葉も加えざっくりと混ぜ、
ラップにつつみ、押さえつけてまとめます。
天板にオーブンペーパーを敷き、クッキー生地を載せ、
ラップをかけて、麺棒で伸ばします(麺棒が汚れません
グラニュー糖を大さじ2杯くらい、パラパラとふりかけ、まんべんなく行き渡らせます。
食べ易い大きさに切り、予熱あり180℃のオーブンで20分焼きます。
*焼きあがった後、くっついていたら切り離してください。

生地&焼き上がり

今回は甘いのが食べたかったので、グラニュー糖をふりかけました。

グラニュー糖無しでもOKです。

バター控えめで、ヘルシー「おなかもち」もします。

「ちょっとだけおなかが空いた」時にぴったりなんです。

食感はソ●ジョイにちょっと似ていて、食べだすとクセになるお味なんです。

作る工程も字で読むよりもずっとずっと簡単です。


今回は紅茶ですが、ジャムやママレードで作ったりします。

でも、レシピがまだ不完全なので、「コレ!!!」というものが出来上がったら、

またご紹介させていただきたいと思います。
category : 焼き菓子

2010.03.24 *Wed*

ビーズを編みこんで

 
レース編みの新しい作品が出来ました。

ジャグカバー3点です

ジャグカバー
小林恭子さん「優美なレース編み」8頁掲載 *ビーズの色はオリジナルです


初めてのビーズを編みこんだ作品です。

あらかじめレース糸にビーズを通しておいて編むんです。

P8 A1 P8 A2
花のモチーフの作品には、白いビーズを…

P8 B P8 C
左の作品には淡水パールを、右の作品はヒビガラスを編みこんでみました。


サイズは、22cmが2点と16cm。

やっぱりまだ「ほどいて編み直し」はありましたが、小さめなので早く編めました。



淡水パールのビーズは、行きつけの手芸店の閉店セールで買っていたものです。

喜ばしいことに、空き店舗に新たな手芸屋さんがオープンするみたいなんです。

一安心です良かった!!!
category : レース編み

2010.03.19 *Fri*

一分咲き


今日は、デジカメ持参で買い物に出ました。

お目当ては、三日前に開花宣言が出たです。

まだ一分咲きといったところでしょうか。

桜01

桜はいいですね。

何か特別な気持ちで眺めてしまう花です。

桜好きは日本人の遺伝子に組み込まれている気がします。

桜02


こちらはおまけ。

道端で見つけた野いちごの花です。

花の直径は意外に大きくて、4~5センチもあります。

ちょっと散りかけかもしれませんね。

野いちご 


今日の最高気温は16℃ほど。

よく晴れて、お日様がぽかぽか暖かです。
category : 花・植物

2010.03.17 *Wed*

さくら


昨日、熊本は桜の開花宣言が出ました。

平年より8日早く、観測史上2番目。

全国では4番目だそうです。

21日頃って聞いていたのですが、早かったですね。


昨日は、黄砂も観測したらしく、こちらは例年より遅めだったとか。  

良いお天気だったので洗濯物を外に干したかったのですが、

この時期、花粉も気になるし…外に干すのは、当分ガマンです。


娘が大好きなさくら餅をお土産にしてくれました。

「春の野」という名前のついた、煉切のおまけつき

さくら餅
  「お菓子の香梅」HPはコチラ→http://www.kobai.jp/

春らしい色合いで、気持ちもほっこり

さくら餅は、県産のもち米で作ってあるそうで、すごくやわらかくて美味しいんです。

すぐに、熱いお煎茶を入れて、美味しくいただきました(^-^)

(花より団子な私です)
category : 食べ物のこと

2010.03.13 *Sat*

やっとやっと

 
やっとやっと、つぼみができました。

昨年、10月末に種蒔きしたビオラです。

小さい小さい苗のまま、つぼみをつけることもなく越冬。

やっと小さなつぼみを発見することができました

確認したのは、まだ一つだけですが…

ビオラのつぼみ_

生協から購入した種蒔きセットですが、時期が悪かったのか発芽率は50%でした。

それに、見本の花の色は、濃いピンクと紫だったのですが、つぼみは白

これから色がつくのかな???

楽しみにしていよう♪
category : 花・植物

2010.03.10 *Wed*

雑穀ミックスのスープ

圧力鍋を使って、雑穀ミックスでスープを作ってみました。

味つけはお塩のみ!

プチプチした雑穀の食感と自然な美味しさが味わえます。

雑穀ミックスのスープ

<分量の目安と作り方(3~4人分>
雑穀ミックス 小袋1袋(大さじ2杯くらい)
玉ねぎ 半分
ニンジン 1/4本
しいたけ 2枚
ササミ 1本
オリーブオイル 大さじ1
水 500ml
塩 小さじ1/2

玉ねぎ・しいたけ1㎝角に、ニンジンは1cm角の薄切りにし、

ササミはそぎ切りにして、塩(分量外)をすり込んでおきます。

野菜・ササミをオリーブオイルで炒め、

水と雑穀ミックス、塩を入れ蓋をセットします。

圧力がかかったら弱火にして、5分加熱しそのまま放置。

圧力が抜けたら味を整えます。


しいたけから色が出て、見た目は地味ですが、

旨味が「ぎゅっ」と、つまったスープができます

オリーブオイルは、バージンオイルを使ってください。良い香りが楽しめます。

時間はかかりますが、普通のお鍋でも作れます。

本当に美味しいスープなんですよ

雑穀ミックスのスープ02

雑穀ごはんって美味しくて好きなのですが、夫は白いご飯が好きみたい。

このスープなら、白ご飯を食べつつ、雑穀も摂れます。

家族の評判がとても良かったので、雑穀ミックスの大袋を買いました。



*ササミですが、私は「マリネしたのも」を使っています。
ほのかにニンニクの香りがして、コクが増します。
<ササミのマリネの作り方>
ササミ300gにつき、塩小さじ1杯弱、バージンオイル大さじ1杯、
1片分のおろしニンニクをビニールに入れてもみ込み、冷蔵庫で2日以上漬ける。
過去記事ですご参照ください→鶏肉をマリネ
category : スープ・汁物

2010.03.08 *Mon*

わが家の「とり天」


 
「とり天」って、ご存知でしょうか?

下味をつけた鶏肉に、天ぷら衣をつけて揚げたものです。

唐揚げとは違ったやわらかな食感が楽しめます。

私が「とり天」を知ったのは、結婚して間がない頃。

スーパーのお惣菜コーナーで、唐揚げの隣に並んでいたのです。

大分の郷土料理だそうですが、こちらでも扱っているお店があります。


正しい流儀はよく知らないのですが、私の作り方をご紹介しますね

とり天

鶏のムネ肉を一口大の薄いそぎ切りにして、

たっぷり目の生姜醤油に30分以上しっかりと漬け込みます。

*途中で混ぜ 生姜醤油がまんべんなくしみこむようにするのがコツです

重めに溶いた天ぷら衣をつけて、熱した油で揚げます。

*天ぷら衣は「てんぷら粉」でOKです!


パサつきがちなムネ肉もふんわり柔らかく仕上がります。

もちろん、モモでもササミでもOKです。

大分ではポン酢やつゆ、カボスなどで食べるらしいのですが、

わが家では下味をしっかりつけて、このままいただきます(^-^)


下味もお好みにアレンジできますし、

衣に胡麻や海苔、ゆかりなどを混ぜても楽しめるのではないでしょうか?

おかずにもおつまみにも、手軽で美味しい一品です

2010.03.04 *Thu*

カスタード大福

 
昨日は雛祭りでしたね。

毎年いちご大福を作っているのですが、

今年はどうしてもイチゴを買いに出る気力がなくて…

買ってきて貰うにも近くに美味しい和菓子屋さんはなし。

ありもので何かできないか考えました。

何かに使えないかと思って買っていた「いちごパウダー」を混ぜた求肥で

カスタードクリームをくるんだ大福を作ってみました。

カスタード大福 鶴の子みたい?

〈分量と作り方〉(8個分)
・カスタードクリーム
 薄力粉・コーンスターチ 各10g
 グラニュー糖 40g
 卵黄 2個
 牛乳 200ml
 バニラエッセンス 2~3滴

薄力粉とコーンスターチをふるい、グラニューを加え、泡立て器で混ぜます。
牛乳を少しずつ入れながらよく混ぜ、牛乳が半量ほど入ったら、
卵黄2個を加えよく混ぜます。残りの牛乳も加えてて混ぜます。
ラップをふわりとかけ、2分電子レンジにかけます。
取り出して泡立て器でよく混ぜます。
同じ作業をもう1回。
さらに〔30秒加熱→混ぜる〕×3回
なめらかになったら、バニラを2~3滴振り入れて混ぜ、
ラップをクリームにぴったり密着させるようにかけて冷まします。
*求肥で包むことを考え、固めのクリームですがコーンスターチを使っているので重くありません。
*やわらかいクリームを作る場合は牛乳を増量します。

・求肥
 白玉粉 100g
 水 150ml
 グラニュー糖 60g
 いちごパウダー 4g

求肥の作り方はこちらをご参照ください
いちご大福


主役の娘はとても喜んでくれて、

夫も「何処かで食べたプリン大福より美味しい!」と。

何処で食べたんだろ?(笑)(でも、プリン大福、作ってみたいかも!)

見た目よりずっとやわらかい大福です。

ただ、イチゴの香りがほとんど飛んでしまったのが残念。

色もよく見るとかすかにピンクなのですが、わからないくらいで

いちごパウダーは倍量使えば良かったかもしれません。


普段からゆる~く過ごしている私ですが、

妙な使命感で自分を締め付けるところがあります。
 
(そんな大げさなコトじゃないのですが…)

「いちご大福作らなきゃ!」

という使命感から、今回ちょっとだけ解放されてみました。

輪をかけてゆるゆるになっていく私です…(汗)
category : 和スイーツ

2010.03.02 *Tue*

シャキシャキ水菜の和パスタ


パスタ大好きなわたし。

毎日食べても飽きないくらい。

今日は水菜を見て思いついた和風パスタをご紹介します。


<分量の目安と作り方>(2人分)

 パスタ  200g
 水菜   1/2袋
 塩昆布 箸で軽く2つまみくらい
 梅干し(やわらかいもの) 適量
     *たたき梅にして、みりん少量でのばしておく
     *かつお節を少々混ぜておくとより美味しい
 グレープシードオイル 大さじ2(なければオリーブオイルで)

水菜は洗って3~4㎝に切り、大きめのボウルに入れ、

オイルをかけてざっくり混ぜておきます。
 
茹でたてパスタを水菜の上にのせ、上下を返し、

パスタの熱が水菜にまんべんなくあたるように混ぜる。

塩昆布と梅も混ぜて完成!!


シャキシャキ水菜の和パスタ


パスタは多目の塩でアルデンテに茹でます。

あっさりしていて、水菜のシャキシャキとパスタのプリプリの食感が嬉しい一皿です。

水菜は、たっぷり入れてもってペロリと食べられます(^ ^)

これは、自分の中で大ヒット!!!

また水菜買ってこよう~
category : 麺・パスタ

プロフィール

saku.y@

Author:saku.y@
*ご訪問ありがとうございます*
日々の暮らしの中で作ったものなどをご紹介している生活雑記ブログです。 お気軽にコメントくださいね。
*お願い*
画像の無断転載などはご遠慮くださいね。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Copyright © saku.y@の*ゆるゆる*ものづくり日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。