04
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2010年04月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.26 *Mon*

桜草のドイリー

花をテーマにしたドイリーから、桜草のドイリーを編みました。
 
編み上げたのは、ひと月以上も前なのですが、やっと仕上げができました。

サイズは32㎝です。

桜草のドイリー

細編みの入る、少し変わった編み方をしましたが、飽きずに楽しく編めました。

(単調な編み方は飽きてしまうのです

参考にした本は、日本ヴォーグ社「美しいレース編みドイリー」です。

直径30㎝ほどのドイリーが40点掲載されています。

なかなか見かけないデザインが多いと思ったら、

1961年から1970年に出版された本からセレクトした作品をまとめた本ですって。

古いデザインのものだったのですね。 


右のドイリーも、同じ本から編みました。

ガラス細工をイメージしたドイリーですって。

桜草のドイリー02 ガラス細工のドイリー

ですが、小さなサイズのものが欲しかったので、

勝手にアレンジして小さく編み上げました。

直径は、14㎝ほどです。

綺麗なデザインのものなので、完品バージョンもいずれ編んでみたいと思っています。

細編みが多かったので、厚みがある感じにできあがりました。


まだまだ、可愛いデザインのドイリーが紹介されているので編みたいと思うのですが、

ここ最近なんだかとても忙しい…

お気楽主婦のはずなんですが、どうしたことでしょう…???
スポンサーサイト
category : レース編み

2010.04.21 *Wed*

苦手克服?せり料理

 
異常気象のせいで、野菜が高騰していますね。

全体的に品薄なイメージがありますが、熊本は地場の野菜が多いおかげか

「高くてとても手が出ない!」というのは少ない気がします。

でも、キャベツなんかはやはり倍値します。

高くなったのをムリムリ買わなくても、お手頃野菜でお献立を立てようと思ってます。


先日行ったスーパーでは、地元で採れた「せり」が一束78円!

長さも50cmほどあるのがたっぷり入っています。

実は、私…せりが苦手!

七草粥で毎年少量なら食べていますが、子どものころ食べた印象が強くて、

長く遠ざけてきました。

大人になり過ぎた今なら、食べられるようになっているかも知れない…

と、思い購入!料理してみました。


よく洗ったせりを3cmほどに切り、塩を加えた熱湯で茹でて下拵え。


まずは、スタンダードにおひたし。

おひたし

細く切ったお揚げさんをフライパンでカリカリに乾煎りしたのを入れました。

味付けは、白だし&濃い口醤油で。おかかを乗っけて。

「あ、食べ易い!お揚げがアクセントになっていい感じ。苦くない」

これは、リピート有りです。


次に、ツナマヨ和え。

ツナマヨ和え

「苦味はおひたしより感じるかな?でも、これもアリ!」

娘なんかは、「この苦味がいい!」っていました。

彼女は、キュウリやレタスより、香りのある野菜が好きなので、

「せり、おいしい~♪」って、ご満悦でした。渋好みの舌だなぁ…(笑)


あと、写真はないのですが、茹でた葉の部分を刻んで

少々の塩をまぶしてご飯に混ぜて、「せりご飯」も楽しみました。

これは美味しかったです(^-^)


苦手だったものも、いつの間にか食べられるようになっているものですね。

ちなみに、子どものころ食べた「せり」は、父と摘んだものです。

国鉄(懐かしい!)に1時間以上(2時間近く???)ゆられて行った、

「道場(兵庫県)」という駅近くの川で摘んだものでした。

父と一緒に行った魚釣りにまつわる、苦い(味的に)思い出です。
category : 野菜のおかず

2010.04.16 *Fri*

ミルクジャム&スコーン

 
牛乳がたくさんあまってしまったので、

お鍋でグツグツ煮て、ミルクジャムを作りました。

美味しく食べる土台が欲しくなったので、久しぶりにスコーンを焼いてみました。

ミルクジャム&スコーン

ミルクジャムの作り方は簡単です。

牛乳と、牛乳の半分の重さの砂糖を弱火でかき混ぜながら煮るだけです。

目安は、最初の量の半分くらいになることです。

熱湯消毒した瓶に入れて、冷蔵庫で保存します。

スコーンは、おウチにある材料でできるレシピにしました。

<分量と作り方>

【A】・薄力粉250g・ベーキングパウダー大1・きび砂糖 50g
・バター80g
【B】卵1個・牛乳90ml

①大き目のボウルに【A】を入れ、ざっくり混ぜておく。
②冷たいバターを入れ、粉をまぶすようにしながら、カードなどで切るようにする。
③そぼろ状になったら、混ぜておいた【B】を入れ、練らないように混ぜる。
④ひとまとめにし、オーブンペーパーで包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。
⑤ペーパーの上から厚さ2cmほどにのばし、打ち粉をした型で抜く。
⑥牛乳を刷毛で塗る。(省いてもOK!)
⑦200℃、予熱有りのオーブンで焼く。
 6cmほどの型なら20分、3~4cmの型なら18分。


焼きあがったスコーンの側面がぱかっとなっている状態を、

「おおかみのくち」というそうで、美味しく焼きあがった証拠なんですって。

今回のスコーンは成功のようです(^-^)

おおかみのくち

結構、量ができてしまうので、半量を取り分け、レーズン入りにしました。

こちらは、小腹が空いたときにパクッと食べられる様に、小さめの型で抜きました。


このレシピで焼くと、表面がカリッとしたスコーンになります。

食べごろは、粗熱が取れた頃です。

冷めてしまったスコーンは、

オーブントースターなどで少し温めると美味しさが戻ります。

レーズン入り ミルクジャム

今みたいに、ミルクジャムのレシピが出回る前に自分で考えて作っていたレシピは、

まずカラメルを作って牛乳で少しずつのばしていき、

弱火で煮込んでいくというものでした。

カラメルの香ばしさも加わって、とても美味しくできましたが、

失敗するともろもろになってしまって…

牛乳とお砂糖を弱火で煮込む、というのは簡単で良いです。

弱めの火で、つきっきりで…になりますが、

お鍋を横目で気にしながら、お皿を拭いたり、別のことをしてしまいます。
category : 焼き菓子

2010.04.09 *Fri*

お久しぶりのビスコッティ

 
ちょっと整理をしていたら、10年以上前のレシピノートが出てきました。

懐かしく思って、何か作ってみることにしました

材料が家にあるもので全部揃いそうだったので、

ビスコッティを焼いてみました。

ビスコッティ

ビスコッティといえば、アーモンドですが、なかったのでクルミを使いました。

レシピのはしっこに「クルミでもおいしい!」とメモ書きが残っていました(^-^)


当時のレシピはこちらです。

<分量と作り方>(天板一枚分)

・バター30g ・卵1個 ・砂糖30g
【A】・薄力粉150g ・ベーキングパウダー小さじ半分 ・塩ひとつまみ
【B】・オレンジピール ・アーモンド ・レーズン ・ドレンチェリーなど

① バターをクリーム状に練る。
② 砂糖を少しずつ加え、白っぽくなるまですり混ぜる。
③ ②に卵を少量ずつ加え、混ぜる。
④ ③にふるっておいた【A】を加える。
⑤ 【B】も加え、ひとまとめにする。
⑥ 打ち粉をし、厚さ2cmのカマボコ状にする。
ビスコッティ02
⑦ 160℃、予熱有りのオーブンで30分焼く。
⑧ 粗熱が取れたら、1cm厚さに切り分け、150℃で15分焼く。
ビスコッティ02
 


ドライフルーツやナッツの量は適当です。

生地がまとまれば、問題ないかな?と。

さらに【A】は、ホットケーキミックス150gに置きかえちゃいました。

急いで使わなきゃいけないのがあったもので

混ぜるときに、「少しべたつくかな?」とは思ったものの、問題なしです。

お砂糖は20gに減量しました。


二度焼きするので、カリカリ、サクサクです!

ドレンチェリーは、見た目がいいので入れたいところです。

オレンジピールがいい仕事をしてくれます。

ママレードでもOKなんです。

レーズンじゃなく、刻んだプルーンでも全然OK!


焼くのに時間はかかりますが、準備はとっても簡単です。

久しぶりのビスコッティ、とっても美味しかった!!



前の記事から少し間が空いてしまいました。

新年度って、ちょっと気忙しいですね。

まだ、ちょっとやらなきゃいけないことが残っているんです。

先延ばしにしないで、早めに片付けなきゃです。
category : 焼き菓子

2010.04.02 *Fri*

帝王貝細工

 
数日前、いつも行く大型スーパーに花苗を売るお店が来ていました。

何か買って帰ろうと、眺めていたら、初めて見る花が…

売り子さんが、「花びらに触ってみてください紙みたいなんですよ」

って話しかけてきてくれたので、触ってみるとホントだ!硬い!

びっくりしていると、そばにいたおじいちゃんが、

「雨の日はね、花びらが閉じるんだよ」って。

おじいちゃんもお店の方でした。

いろいろアドバイスしてくださったので、面白そうなので買ってみたんです。

帝王貝細工

黄色が鮮やかな花。

和名をムギワラギク、別名で帝王貝細工と呼ばれる花です。

おじいちゃんのご指導通りに地植えにしました。

そして、雨!

どうなったかと言うと…

帝王貝細工 雨の日

ちょっとボケた写真ですが、閉じてますね。

ぎゅう~~~っと閉じています(笑)

なんだかちょっとヘンな感じです。


他に「アルメリア」というピンクの花も買いました。

丈は20cmくらいで葉が細長く、長い花茎の先に小花がボール状に咲いています。

こちらも多年生らしいのですが、調べてみたら暑さに弱いようで、

熊本の夏はとても暑いので、大丈夫かな?と思ってます。

夏を越えたら、秋にも咲いてくれるらしいので楽しみです。

別名を「ハマカンザシ」というそうです。

アルメリア ビオラ ビビ

種から育てたビオラが咲き出しました。

今のところ紫ばっかり。

濃いピンクは、発芽しなかったのかな!?


ちなみに、帝王貝細工の花言葉は、「永遠の思い出」、

アルメリアの花言葉は、「思いやり」だそうです。
category : 花・植物

プロフィール

saku.y@

Author:saku.y@
*ご訪問ありがとうございます*
日々の暮らしの中で作ったものなどをご紹介している生活雑記ブログです。 お気軽にコメントくださいね。
*お願い*
画像の無断転載などはご遠慮くださいね。よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

Copyright © saku.y@の*ゆるゆる*ものづくり日記 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。